突然バレーボールに興味をもちました

スポーツをすることも観ることもこれまで興味がなく生きてきました。

生でのスポーツ観戦は野球のみ。

TVでは子ども~独身時代にバレーボールと箱根駅伝を少し観ていた程度です。

2021年、東京オリンピックが開催されました。

これまでのオリンピックは時差のため、朝起きると結果が出ていたという印象。

今回は時差がないので、たくさんの競技をリアルタイムで観ることができました。

An exterior view of Ariake Arena, the venue for Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games volleyball and wheelchair basketball events, in Tokyo, Japan, November 21, 2019. REUTERS/Jack Tarrant

絶対観たい!と思っていた競技のひとつがバレーボール。

恥ずかしながら細かいルールやプレー名はわかりませんが、初戦から応援していました。

これほどバレーボールにハマるきっかけになったのは、男子バレーボールのイラン戦。

これで勝った方が決勝リーグへすすめるという1戦。

5セット いきなり石川祐希選手のサービスエース2本

スポーツ観戦ど素人の私でも、流れが日本にあることがわかりました。

鳥肌が立ち、涙が止まらなくなったのです。

もともとオタク気質なので、一度ハマると、そこはどっぷりと深い沼。

オリンピック終了後は「バレー観たい」衝動がすごく、過去の日本代表の試合を探して観る日々です。

好きな試合やプレーは何度も繰り返し、同じところを見てしまいます。

それから半年、戦術など詳しいことはわかりませんが、実況や解説を聞きながら勉強中です。

スポーツ観戦好きな夫にかなり驚かれていますが、一番驚いているのは私自身。

いつ、なにがきっかけで、どんなことに興味を持つかわからないですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる