【あかり1カ所LINE相談実例】神奈川県 整理収納アドバイザー堀内様

あかり1カ所LINE相談は、ご家庭の照明買い替えをサポートするサービスです。(2021年9月以降は不定期で募集)

今回の相談者様は神奈川県 整理収納アドバイザー堀内百恵様。

アフター画像が届きました。

ご提案~ご購入までの流れと提案書の一部をご紹介いたします。(許可いただいています)

ご提案~ご購入まで

1.お申込み後、相談場所の写真・好きなインテリアのイメージ写真・事前アンケートを

  送っていただきます。

2.2~3週間でご提案書を送信。提案書作成時に追加で画像や寸法計測をお願い場合もございます。

  提案商品は主に楽天ルームからご確認いただけます。

  それ以外の場合は掲載サイトのご案内をしております。

3.提案書ご確認後、イメージが具体的になりデザインやサイズなどご要望がある場合は、

  ご連絡いただきますと再提案しております。質問・相談は随時OK。

4.照明器具決定後、購入・取り付けはご自身でお願いしています。

目次

Beforeとお悩み

今回はダイニングテーブル上の照明のご相談です。

丸型シーリングライトをご使用されていました。

お悩み

・明るさが中途半端

・食事には明るすぎ、勉強には手元が暗い。

ダイニングは本来食事をするスペースですが、仕事や勉強をされる方も多いですよね。

『ダイニング』は、1番多いご相談の多い場所です。

リモートで仕事や勉強をする方も増えたり、おうち時間が増えたりと、新しい生活様式になってきました。

いろんな使い方をするダイニングで、それぞれの時間を大切にしたいという思いを感じます。

ご要望

事前アンケートでは「照明交換後の理想の暮らしやどんな空間になると嬉しいか」をお聞きしています。

明るい部屋、くつろげる部屋というだけでなく、その先の『求める理想の暮らし方』をお聞きすると、提案するときに大変イメージしやすくなるのです。

また、お茶会やLINE相談にお申込みされる方の中に、ご家族と好みが合わないという方が半数程度いらっしゃいます。

実は堀内さんもそのお一人でした。

ご提案するのなら、ご家族にも快適に暮らしていただきたい想いがあります。

そのため、堀内さんだけでなくご家族の好みも教えていただきました。

ご要望・好きなインテリア

【相談者様のご要望】

・これまではただ明るいだけだったので、くつろげる明かりを体感してみたい

・落ち着いた夜の時間を過ごしたい

・プルスイッチ(引き紐)ではなく、リモコンがいい

・ダイニングテーブルの中心と照明の中心がずれているのを改善したい

・シーリングライトとペンダントライト両方の提案

・好きなインテリアはモダンスタイル

【ご家族のご要望】

・スッキリ・シーリングライト・明るいのがお好み

・吊り下げタイプではないもの

ご提案書作成 

提案書は通常2プラン作成しています。

価格別、インテリア別、照明の種類別(シーリングライトとペンダントライト)など、相談内容により様々です。

さらに、サイズ違いや色違いの商品や提案時に迷った商品を「ご参考商品」という形でご紹介しています。

(提案書表紙)

今回はシーリングライトとペンダントライトの2プランをお作りしました。

予算内に収まり、ご要望を叶える商品を探していきます。

大きさや素材を確認していただきやすいように、なるべく実物をご覧いただける商品を選ぶようにしています。

(どうしてもネット販売やネット購入のみになり、実物をご覧いただけない場合もあります、、、)

明るさも数字で解説しています。

・お部屋の広さに本来必要な明るさ(照明工業会の取り決めた基準)

・ご使用中の照明器具の明るさ(事前アンケートで品番をお聞きしています)

・ご提案している照明器具の明るさ

明るさは感覚です。それをお伝えするのはとても難しく、私が明るいと思うものでも相談者様は暗いと感じるかもしれません。

今の明るさとご提案器具の明るさを数値でお伝えすることで、今より明るくなる とか 今と同じくらいの明るさ などと、少しは伝わりやすくなればと思っています。

どうやってご要望を叶えるか

プランA:シーリングライト

すっきりしていますが、デザイン性のあるシーリングライトをご提案しました。

 

(ご要望)

・明るい

・すっきり

・モダンスタイル

・シーリングライト(吊り下げではない)

リモコン操作可能で、明るさを調整できる調光機能と光の色を調整できる調色機能が付いています。

明るさや光の色を調整することで、仕事・勉強や食事・だんらんなど、さまざまな生活シーンに合わせて

お好みで調整していただくことができます。

さらに天井を照らすアッパーライト機能があるので、間接照明のような雰囲気も楽しんでいただける照明です。

(アッパーライトのみ使用時)

(ご要望)

・くつろげる明かりを体感してみたい

・落ち着いた夜の時間を過ごしたい

・プルスイッチ(引き紐)ではなく、リモコンがいい

アッパーライトのみで点灯することで、リラックス空間を作ることができます。

プランB:ペンダントライト

引掛けシーリング用ダクト+照明器具で提案しました。

(ご要望)

・落ち着いた夜の時間を過ごしたい

・明るい

・ダイニングテーブルの中心と照明の中心がずれているのを改善したい

テーブルと引掛けシーリングが横にずれているとき、多くの場合はこれで解決できます。

近くに火災報知器があったので、引掛けシーリングと火災報知器との寸法計測をお願いしました。大変わかりやすくご説明いただき助かりました。

実際の画像

照明器具は明るさを重視するため、シェードは照明全体から光が出るタイプを選びました。

ペンダントライトはガラス製のものが多いのですが、割れる危険が少ないご要望のため、布製やプラスチック製をご提案しました。

<1回目>

布シェードの電球1つ用のペンダントライト。

ご家族よりもう少し小さいものでとリクエストがあり再提案。

<再提案>

小型ペンダント×2灯。

明るさを確保するため、光の色を温白色(おんぱくしょく)をおすすめ。

温白色はオレンジ色の光の電球色と白い光の昼白色の中間色で、明るさと落ち着きを両立したい方におすすめの光の色です。

さらに明るさを追加するために、リモコン操作で調光調色が可能なスポットライトをご提案。

キャビネットの上にインテリア雑貨や写真を飾っていらっしゃったので、そこを照らすようにおすすめしました。

壁を照らすことで、壁に反射した光がダイニングを優しく明るくします。

また、空間に陰影ができたり、お気に入りの雑貨や写真を引き立て、1石3鳥!

場合によっては、テーブルを直接照らすよりも壁に反射させた方が明るいこともあります。

スポットライトは角度や向きも自由に変えられますので、細かい作業をする場合はテーブルを照らすこともできます。

合成でイメージをお伝えしています

ダクトレールは容量内であれば、照明の追加が可能です。

ご家族とご相談の上、暗い場合はテーブル用のスポットライトおすすめしました。

提案書の説明文

after・ペンダントライトに決定

シーリングライトご希望のご家族でしたが、2度目のご提案後「ペンダントライトにします!」とご連絡をいただきました。

デザインも気に入っていただき、ダクトレールと小型ペンダントライト2個・スポットライトを購入されました。

            

ペンダントライト2つ・スポットライト1つで十分明るかったとのことでした。

ペンダントライトがしっかりとテーブルを明るくしてくれています。そして、壁を照らしたスポットライトがインテリア面も明るさ面もいい仕事をしてくれています♪

ペンダントライトとスポットライトで陰影ができたことで、空間に奥行き感も生まれていますね。

毎月開催している「あかり相談オンラインお茶会」の記念すべき第1回目(2020.11)に参加してくださいました。

その後、オンラインで開催した「レール選びと照明体験」(2021.6)にも参加してくださいました。

ご家族でくつろぐ時間を楽しんでいただけると嬉しいです。

長年シーリングライトを使用していると、それを取り外すとクロスに照明焼けのような黄ばみがついていることが多く、皆さん驚かれます。

堀内さんがその対処法をブログに書かれていますので、ぜひ参考にしてみてください。

堀内百恵さんのブログはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる